カウントダウン…

a0253294_2285615.jpg
お年頃を迎えたおちびちゃん達…。
みぃみは赤ちゃんが産めない体なので、
4月になったら避妊手術をしましょうと言われていました。
男の子の場合、早くに手術をすると腎臓の病気になるリスクがあると説明を受けていたので、1年様子をみよう!!と思っていたのだけど、動物病院の先生とも相談をして、ゆずの去勢手術は早めることにしました。
明日、みぃみとゆずは日帰り入院です。
今日の夜9時から絶食に入り、手術に向けてのカウントダウンが始まりました。
それでも…、ここまできても、やっぱり考えてしまいます。
人間の勝手なのでは…  彼らはどう思っているのか…
 ごめんね・・・とつい出てしまいます。

そんな時、ふと目にした文章に衝撃を受けました。





『群馬県内の保健所に収容される猫の多くは生まれたばかりの子猫で、
そのほとんどはは飼い主による処分希望の持ち込みなのです。・・・
〈中略〉
新たな命を受け入れる準備がないなら避妊・去勢手術をする。
動物と暮らす人間にとって当たり前にしなければならない事です。』


悲しい運命をたどる動物が増え続けてしまわないように…
ということを訴えかけていた文章でした。
これを読んで、私達家族が選択したことで良かったんだ!!って、
救われたような気になったり…やっぱり、ゴメンネ…(泣)だったり…。
明日のことを思うとドキドキしてきたぁ。
[PR]
by blanche-style | 2013-04-12 22:56 | Diary
<< 少しずつ… リネンガーゼ >>